投票おねがいしますm(._.)m

コメントに職業(「学生」か「社会人」だけで結構です)を書いていただけると、より精密な結果が作製されます。
ご協力願います。

プロフィール

レオン,HALIAE

Author:レオン,HALIAE


[管理人] レオン *レオネルフ,煉,レオやん*
mail:asyura_kakurega_leon@hotmail.co.jp


[管理人] HARIAE *姫*
mail:???


[副管理人] 潰し屋 *???*
mail:???

バナー

当ブログはリンクフリーです^^
もちろん相互リンクも大募集中!希望の方は、最新記事にコメントください。


バナー一覧

バナーを使用する際は、↑のバナー一覧表の中よりお好みのものを選び、お使いください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

MHP2G

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

月別アーカイブ

リンク

レオンの尊敬するサイトリンク

副管理人「HARIAE」のブログ

「のったり♪狩猟団」リンク

のったり♪狩猟団

† ソナタのMHF日記 †

俺のMH人生

イラスト関係のリンク

龍の巣

狩り人達の鎮魂歌

猟団リンク

猟団メンバーのリンク

「Dual_Face」リンク

小説リンク

MHFリンク

MHF公式サイト


(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.

MHP2リンク

PSPリンク

その他リンク

一ヶ月以上、更新停止している方のリンク

RSSリンク

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォルっち伝説 Ep2

やっとEp2できました!

ただ…


果てしなく短いです!
驚くほど短いです。呆れるほど短いです。ため息がでるほど短いです。レオン死んじまえ!、って思うほど短いです。



短い原因?

それは面倒くさくなったかr短いほうが読みやすいだろうと思ったからさ!(死
【続きを読む】
スポンサーサイト

ヴォルっち伝説 Ep1

ヴォルっち伝説



深夜2時を過ぎた頃、研究所に足音が響いた。

普段なら警備員すら見回りをしない時間帯にもかかわらず…である。


その男の名はノエル・シュバーグ。

研究員の一人である。


そしてこの研究所は、古より伝わる文献を解読、そして保存する研究所だ。

そんなただの研究員がなぜ一人で、しかもこんな時間にうろついているのか?

それは彼がどうしても解読したい文献があったからだ。

それも他人に見られない場所で。


その文献、名を“ヴォルっち伝説”という。


“ヴォルっち伝説”に書かれている文字は研究員が研究している古文字よりも2000年前に使われていた神文字で、だれも解読できた者がいなかったのだ。


そして、ずっと保管庫に眠っていた―――――


それをノエルが持ち出すには、理由があった。


今から5ヶ月前、ノエルは溺れている男を助けた。

あまりに衰弱していたところを家に連れて帰ろうとしたところ、こんどは獣に襲われた。


何故かノエルも一緒にいたのに、その男だけを狙っていたのである。


家に着いた後、男は意識回復すると、おもむろに言った。

「あんた古の文献の研究でもしてんのか?学者の臭いがプンプンするぜ。」

「そ、そうだが…。それが何だ?」

「俺はあんたらが知っている古文字よりぜっと前に使われていた神文字も知っている。だから俺はその神文字で解読できるという“ヴォルっち伝説”っつー文献を探してるんだが…あんた、俺と手を組まねえか?」

「あ、あの神文字を!?ぜひ手伝わせてくれ!」

“ヴォルっち伝説”はもはや幻の文献とされており、解読できれば永遠の功績を残せるとされていた。

「…ところで何でさっき溺れたり獣に襲われたりしてたんだ?」

「ああ、あれか。あれは俺の知識を盗もうとしてる奴らの手下さ。溺れてたのだって、突き落とされたんだしな。」

「そ、そうか…。もしかして“組織”みたいなもんか…?」

「ああ。名を“ロケット団”という。さっきの手下共こそ弱いものの、ボスの実力は計り知れねえ…」

「……。で、俺はお前と手を組んで何をすればいいんだ?」

「あんた研究所に自由に出入りできんだろ?だから夜中に忍び込んで“ヴォルっち伝説”を持ってくるだけでいい。」

「わ、分かった。」


こうしてノエルと男は拳をがっちりぶつけ合い、同盟を結んだ。 【続きを読む】

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。